イリタント受容器が、気道、肺内の異物や炎症などで刺激されると、反射的に咳を引き起こします。やはり、求心性活動が迷走神経を通っており、反射の中枢は延髄(脳幹)です。
図中のイリタント受容器に発するIIIb、III-1、IIの経路です。

01297.jpg

Challenge Quiz

1.

気道壁内のイリタント受容器が刺激されると. あくび などがひき起こされる。

2.

咳反射の求心性経路は 第IX脳(舌咽)神経 第X脳(迷走)神経 第XI脳(副)神経 第XII脳(舌下)神経 横隔神経 肋間神経 である。

3.

咳反射の反射中枢は  大脳皮質 大脳辺縁系 間脳 中脳 延髄 にある。

4.

咳反射の遠心性経路は 第IX脳(舌咽)神経 第X脳(迷走)神経 第XI脳(副)神経 第XII脳(舌下)神経 横隔神経 肋間神経 である。

5.

気道壁内の異物や炎症などで 肺伸展受容器 イリタント受容器 が刺激されると、 脳幹(橋・延髄) 大脳皮質 を中枢として 呼息延長 あくび がひき起こされる。

6.

気道壁内の異物や炎症などで 肺伸展受容器 イリタント受容器 が刺激されると、 脳幹(橋・延髄) 大脳皮質 を中枢として 呼息延長 あくび がひき起こされる。

./images/01297.jpg