血液・骨髄・リンパ系/赤血球/機能/酸素飽和(解離)曲線/代謝低下の効果

提供: 一歩一歩学ぶ生命科学
移動: 案内検索
POINT!

動画と音声での説明

03308.jpg

酸素飽和度は酸素分圧の影響を受けるのだから、同じ分圧(40 mmHg)で比較してみましょう。アルカリ性物質、低温、低CO2などがなければ、酸素飽和度は約70%であり、アルカリ性物質、低温、低CO2などがある(筋組織が茶色になって代謝が低下している)と、酸素飽和度は約90%です。これは、代謝が低下した組織で、より少ない酸素が供給されるため、理にかなっているといえます。

Challenge Quiz

1. アルカリ性物質、低温、低CO2などにより、赤血球の酸素飽和度は 上昇 低下 する。
2. 代謝が低下した組織では、 酸性物質 アルカリ性物質 が多く、温度は 高く 低く 、CO2多い 少ない 。そして、赤血球からは、代謝が通常レベルの組織と比べて、 多くの 少ない 酸素が供給される。
3. 代謝が低下した筋内の赤血球を示す図において、通常の代謝の筋と比べて*印は 抑制 促進 である。
/wiki/images/thumb/6/60/04145.jpg/250px-04145.jpg
4. 代謝が低下した筋内の赤血球を示す図において、通常の代謝の筋と比べて*印は 低下 上昇 である。
/wiki/images/thumb/6/62/04146.jpg/250px-04146.jpg