泌尿器系/腎臓/腎機能の全体像/尿生成における主な2つの過程/たんぱく質

提供: 一歩一歩学ぶ生命科学
移動: 案内検索
POINT!

動画と音声での説明
Nephron-protein-dynamics.jpg
毎分、腎動脈から、血漿中の水分が約500 ml流入しています。その中にたんぱく質が約35 g入っています。100 mlの中にはたんぱく質が約7 g入っています。 水分は約100 mlが糸球体の中からボーマン嚢へろ過されます。ろ過された水は、ボーマン嚢から尿細管へ流出します。その中にたんぱく質は入っていません。7 gのたんぱく質はろ過されないのです。 尿細管へ流出したこの約100 mlの水のうち、約99 mlが尿細管周囲毛細血管へ再吸収されます。 ろ過されたけど、再吸収されなかった約1 mlの水は尿管へ流出します。たんぱく質はろ過されなかったのですから、当然、尿管へ流出しません。
動画と音声での説明
ろ過されなかった400 mlの水と、その中のたんぱく質28 gは、糸球体を通過し、尿細管周囲毛細血管へ移動します。結局、ろ過されないのは、水分400 ml、ならびに、たんぱく質は28 gと7 gとの合計35 gです。 この400 mlの水と再吸収された99 mlの水とは、一緒になって腎静脈へ流出します。その中にたんぱく質が、約35 g入っています。

Challenge Quiz

1. たんぱく質は、正常人では、腎臓でろ過 される されない
2. 正常な腎臓では、たんぱく質は、尿細管で (糸球体でろ過されず)再吸収されない (糸球体でろ過されたけれど)再吸収されない (ろ過量の)約1%が再吸収される (ろ過量の)約1/3が再吸収される (ろ過量の)約2/3が再吸収される (ろ過量の)約99%が再吸収される (ろ過量の)全量が再吸収される
3. (小さい)たんぱく質は、正常人では、(尿中に) 流出する 流出しない
4. たんぱく質は、腎臓(の尿細管)で 再吸収される 再吸収されない