POINT!

動画と音声での説明

Effectofpyruvicacid.jpg


前の概論/エネルギー代謝/エネルギー代謝の全体像/クエン酸(クレブス、TCA)回路のステップで、オキサロ酢酸はクエン酸(クレブス、TCA)回路の「ベルトコンベア」のような働きをしていることを勉強しました。クエン酸(クレブス、TCA)回路で何回転もしますが、他の物質になったり分解したりしますので、補充しなくてはなりません。その補充をするのもピルビン酸なのです。ピルビン酸は二酸化炭素と結合することでオキサロ酢酸となるのです。

要するに、ピルビン酸には二つのはたらきがあります。
*上図(このステップ)で示す、オキサロ酢酸、すなわちクエン酸(クレブス、TCA)回路の「ベルトコンベア」を生成し、補充する作用。
*前のステップで示したように、「ベルトコンベア」に乗り、代謝されて消える、すなわちクエン酸(クレブス、TCA)回路の基質(=「燃料」)となるアセチル基を生成する作用。
クエン酸回路までの炭素の数に注目した図に落とし込むと上図のようになります。

EnergyMetabolismNumberOfC-Summary-Jpn.jpg


Challenge Quiz

1. ピルビン酸はアセチル-CoAとなって、クエン酸(クレブス、TCA)回路で代謝される基質(=「燃料」)を供給する。
2. ピルビン酸はオキサロ酢酸となって、「ベルトコンベア」としてクエン酸(クレブス、TCA)回路を促進する。
3. ピルビン酸から アセチル-CoA オキサロ酢酸 クエン酸 ATP 酸素 が直接、生成する。
4. クエン酸(クレブス、TCA)回路が正常に機能し続けるためには、一定量の 糖質 脂質 たんぱく質 が必要である。
5. ピルビン酸がクエン酸(クレブス、TCA)回路を 促進(持続) 抑制(停止) させる。