POINT!

主病態:腸の過敏な活動。クローン病とは違って炎症性ではありません。機能的疾患であり、器質的ではありません。

原因:ストレス、腸内細菌の変化など

症状:腹痛、下痢、便秘が多い。発熱、下血、血便、体重減少などは少ない。

対応:コーヒー、アルコール、香辛料など刺激の強い食品、喫煙は避ける。発酵食品、軽度の運動、規則正しい生活は推奨されます。


Challenge Quiz

1. 過敏性腸症候群は、炎症性腸疾患に分類される。
2. 過敏性腸症候群では、心理的要因が 弱い 強い
3. 過敏性腸症候群では、 発熱 腹痛 下血 便秘 下痢 血便 体重減少 が特徴的である。