クローンと病胃潰瘍性大腸炎.jpg


Challenge Quiz

1. 腹痛 吐血 発熱 黄疸 下痢 は炎症性腸疾患の症状として特徴的である。
2. クローン病 潰瘍性大腸炎 は他方の選択肢に比べて、多彩な症状が多い。
3. クローン病 潰瘍性大腸炎 は他方の選択肢に比べて、10-20代に多い。
4. クローン病 潰瘍性大腸炎 は他方の選択肢に比べて、病変が腸管全層におよぶことが多い。
5. クローン病 潰瘍性大腸炎 は他方の選択肢に比べて、病変が口腔から肛門におよぶことが多い。
6. クローン病 潰瘍性大腸炎 は他方の選択肢に比べて、診断に長期間要することが多い。
7. クローン病 潰瘍性大腸炎 は他方の選択肢に比べて、20-30代に多い。
8. クローン病 潰瘍性大腸炎 は他方の選択肢に比べて、病変が粘膜、粘膜下層にとどまることが多い。
9. クローン病 潰瘍性大腸炎 は他方の選択肢に比べて、病変が大腸特に直腸に多い。