一歩一歩学ぶ生命科学

正常の図

食物中のカルシウムは、摂食されると、小腸内に入ります。食物中のリン(酸)も、摂食されると、小腸内に入ります。

小腸内のカルシウムとリン(酸)とは吸収され、血液に入ります。
カルシウムとリン(酸)とは結合し、骨でリン酸カルシウムという骨塩になります。
ビタミンKもエストロゲンもこの骨形成を促進します。
副甲状腺ホルモンは逆に、骨を破壊します。
血液中のカルシウムは腎臓に流入すると、約80%はそのまま血液に流出します。約20%がろ過され、その一部が再吸収され、再吸収されなかった分が尿中に流出します。血液中のリン(酸)も同様に、腎臓に流入すると、約80%はそのまま血液に流出します。約20%がろ過され、その一部が再吸収され、再吸収されなかった分が尿中に流出します。
食物中のビタミンDは、摂食されると、小腸に入り、吸収されます。また、皮膚において、プロビタミンDというビタミンDの前駆体が、紫外線の作用によりビタミンDに変化し、吸収されます。
肝臓においてビタミンDは水酸化され、水酸化ビタミンDは腎臓に移動します。腎臓において水酸化ビタミンDは活性型ビタミンDになり血液に移動します。
血中の活性型ビタミンDは小腸でのカルシウム吸収を促進します。活性型ビタミンDは腎臓の尿細管でのカルシウム再吸収も促進します。
血中の活性型ビタミンDは小腸でのリン(酸)吸収を促進します。さらに、活性型ビタミンDは骨形成を促進します。

腎不全、慢性腎臓病 chronic kidney disease, CKD)の図

腎不全、慢性腎臓病では、カルシウムのろ過が低下するため、このことからは血液中のカルシウムは増加します。同様に、リン(酸)のろ過が低下するため、血液中のリン(酸)は増加します。

腎臓における水酸化ビタミンDの活性化も低下するため、活性型ビタミンDは減少します。
活性型ビタミンDのカルシウム吸収促進作用が低下します。また、尿細管におけるカルシウム再吸収促進作用も低下します。これらのことからはカルシウムは減少します。
活性型ビタミンDの骨形成作用が低下します。そのため、骨塩であるリン酸カルシウムが減少します。血液中のリン(酸)はさらに増加します。このことからは血液中のカルシウムは増加します。
高リン血症のため、カルシウムと結合(矢印)しますが、リン酸カルシウムが骨ではなく、血管などに沈着します。これを異所性石灰化といいます。

Challenge Quiz

1.

腎不全(慢性腎臓病 chronic kidney disease, CKD)において、低下しているのは  腎臓からのリン(酸イオン)排泄量 骨中のリン酸カルシウム量 血中のリン(酸イオン)濃度 腸管からのカルシウムイオン吸収 活性化ビタミンD 糸球体ろ過量 糸球体におけるリン(酸イオン)のろ過量 骨からのリン酸カルシウム量の遊離 腎臓/尿細管からのカルシウムイオン再吸収 軟部組織のリン酸カルシウム量 骨へのリン酸カルシウム量の沈着 血中のカルシウム濃度 である。

2.

腎不全(慢性腎臓病 chronic kidney disease, CKD)において、増大・亢進しているのは  軟部組織のリン酸カルシウム量 糸球体におけるリン(酸イオン)のろ過量 骨へのリン酸カルシウム量の沈着 活性化ビタミンD 腎臓からのリン(酸イオン)排泄量 糸球体ろ過量 腎臓/尿細管からのカルシウムイオン再吸収 血中のカルシウム濃度 骨からのリン酸カルシウム量の遊離 腸管からのカルシウムイオン吸収 骨中のリン酸カルシウム量 血中のリン(酸イオン)濃度 である。