一歩一歩学ぶ生命科学


図のとおり、エネルギー代謝の結果、乳酸、ケトン体、リン酸、硫酸などの酸性物質が生成されます。これら代謝産物も腎臓から尿中に排泄されます。

そのため、腎不全(慢性腎臓病 chronic kidney disease, CKD)(×)では、酸性物質と水素イオン(H+)とが血中に蓄積し、pHが病的に酸性に傾く病態、アシドーシス(による酸血症)に陥ります。

Challenge Quiz

1.

腎不全(慢性腎臓病 chronic kidney disease, CKD)では アシドーシス(による酸血症) アルカローシス(によるアルカリ血症) に陥る。

2.

腎不全(慢性腎臓病 chronic kidney disease, CKD)では、酸の実体であるH+増大 減少 する。