一歩一歩学ぶ生命科学
POINT!


(過換気症候群などにより)肺機能が亢進する(血中から外へのCO2の移動の線が太くなる)と動脈血中のCO2が低下します。これが下表の1行目「動脈血に最初に起こる変化」です。


この際(表の2行目)、重炭酸緩衝系は、H+ → CO2 (H+ + HCO3- → H2O + CO2)の方向に作用します。この化学反応はCO2を増大させるので、「最初の増減を打ち消す方向」です。


上記の2つのステップの総和は左図のようになります。




変化の前 H+ ←→ CO2
動脈血に最初に起こる変化     ↓↓
重炭酸緩衝系の作用 ↓    →  ↑ 
総和 ←→ ↓

Challenge Quiz

1. CO2の減少に対して重炭酸緩衝系が作用すると、H+増大 減少 する。
2. 図の変化に対し、重炭酸緩衝系は  H+ → CO2 (正確には、H+ + HCO3- → H2O + CO2) H+ ← CO2 (正確には、H+ + HCO3-  ← H2O + CO2) の方向に作用する。
./images/04382.jpg