一歩一歩学ぶ生命科学
POINT!


CO2の主な排出器官は肺であり、H+の主な排出器官は腎臓です。肺の機能低下により、CO2は増加します。また、腎臓の機能低下は、血中のH+を増加させます。逆に、 肺の機能が亢進すると、CO2は減少します。また、腎臓の機能亢進は、血中のH+を減少させます。



最初の病態(一番星)である肺機能低下により、CO2排出が減少し(移動の線が細くなり)、血中のCO2が増加(↑↑)しています。


最初の病態(一番星)である腎機能低下により、H+排出が減少し(移動の線が細くなり)、血中のH+が増加(↑↑)しています。


最初の病態(一番星)である肺機能亢進により、CO2排出が増加し(移動の線が太くなり)、血中のCO2が減少(↓↓)しています。


最初の病態(一番星)である腎機能亢進により、H+排出が増加し(移動の線が太くなり)、血中のH+が減少(↓↓)しています。

Challenge Quiz

1. 肺の機能低下により、動脈血に最初に起こる変化は、  H+ CO2 の  増加 減少 である。
2. 腎臓の機能低下により、動脈血に最初に起こる変化は、  H+ CO2 の  増加 減少 である。
3. 肺の機能亢進により、動脈血に最初に起こる変化は、  H+ CO2 の  増加 減少 である。
4. 腎臓の機能亢進により、動脈血に最初に起こる変化は、  H+ CO2 の  増加 減少 である。