POINT!

カイロミクロンレムナント生成.jpg


Challenge Quiz

1. カイロミクロンの トリグリセリド アポリポタンパク質 コレステロール・エステル は、 活性型リポたんぱく質リパーゼ lipoprotein lipase (LPL) 肝性リパーゼ によって分解され、 脂肪酸 トリグリセリド アポリポタンパク質 コレステロール・エステル が離れ、カイロミクロンは カイロミクロンレムナント IDL LDL HDL になる。
2. カイロミクロンの主な作用は、 食餌に含まれる(外因性)トリグリセリドの脂肪酸を末梢組織に運ぶ 肝臓に貯蔵されていた(内因性)トリグリセリドの脂肪酸を末梢組織に運ぶ VLDL、IDLの中のトリグリセリドから脂肪酸が離れることで生成し、主にコレステロールを末梢に運ぶ 末梢組織のコレステロールを肝臓へ運ぶ ことである。