一歩一歩学ぶ生命科学
POINT!

(ある量の水分が血漿へ入る)水分再吸収は3列(図)であり、(Na+ポンプによる)塩分再吸収は同じ3列(図)です。血漿浸透圧と尿浸透圧とは正常(等張)です。

1番星(図):最初に、水分再吸収が減少したとします。尿細管からの水分再吸収は3列から2列(図)に減少します。


②(図):塩分再吸収は変わらず、水分再吸収が減少し、(塩分3列、水分2列の)濃い溶液(高張液)が血漿へ入ります。これにより血漿浸透圧が上昇し(濃く、高張になり)ます。
濃い溶液(高張液)が再吸収で尿細管から出るため、残る液(尿)の浸透圧は低下し(薄く、低張になり)ます。(水分が尿細管から出る)水分再吸収も減少するため、尿細管に残る水分(尿)量は増加します。つまり尿は薄く、多量になります。

Challenge Quiz

1.

尿細管からの水分再吸収が減少すると、 濃い溶液(高張液) 薄い溶液(低張液) が血漿へ入るため、血漿浸透圧は 低下する 上昇する 薄い溶液(低張液) 濃い溶液(高張液) が尿細管から出るため、残る液(尿)の浸透圧は 低下 上昇 する。水分再吸収も 減少 増加 するため、尿細管に残る水分(尿)量は 減少 増加 する。つまり尿は 薄く 濃く 少量 多量 になる。

2.

尿細管からの水分再吸収が減少すると、 濃い溶液(高張液) 薄い溶液(低張液) が血漿へ入るため、血漿浸透圧は 低下する 上昇する

3.

尿細管からの水分再吸収が減少すると、血漿浸透圧は 低下する 上昇する

4.

尿細管からの水分再吸収が減少すると、 薄い溶液(低張液) 濃い溶液(高張液) が尿細管から出るため、残る液(尿)の浸透圧は 低下 上昇 する。水分再吸収も 減少 増加 するため、尿細管に残る水分(尿)量は 減少 増加 する。つまり尿は 薄く 濃く 少量 多量 になる。