POINT!

01141.jpg

ウロビリノーゲンは、吸収され、門脈を経て、肝臓に戻ります。一部は、腎臓に運ばれ、尿中に排出されます。 また、一部は、肝臓から再び胆汁中に排出されます。 この循環を腸肝循環と言います。

Challenge Quiz

1.

胆汁中のウロビリノーゲンは、 そのまま ウロビリンとなり 、腸管壁から吸収される。

2.

ウロビリノーゲンは腸管で吸収され ない

3.

吸収された ウロビリノーゲン ウロビリン は、 胆汁 胃液 膵液 に排出される。

4.

吸収された ウロビリノーゲン ウロビリン は、 胆汁 胃液 膵液 に排出される。

./images/01301.jpg