POINT!

03696.jpg

注射器のピストンを引くと、注射器の中の陰圧が大きくなり、水が引き上げられます。ピストンが横隔膜であり、水が肺なのです。

横隔膜が活動し、短縮すると、胸腔が大きくなります。これにより、(密閉している)胸腔内の陰圧が大きくなります。陰圧は引く力ですので、肺を引く力が大きくなり、肺は伸展します(大きくなります)。

肺には内向きの弾性力があるために、大きくしようとすると、より大きな外向きの力が必要です。それが、胸腔内の大きな陰圧なのです。吸息により、肺の弾性力も大きくなり、縮小する力が蓄えられるのです。

肺気量 最小 最大
肺の内向き弾性力 最小 最大
胸腔内圧(陰圧) 最小 最大

(安静呼吸の1周期の間で)

Challenge Quiz

1.

吸息により胸腔が伸展すると、胸腔内の 陽圧 陰圧 大きく 小さく なる。

2.

吸息により胸腔が伸展すると、胸腔内の 陽圧 陰圧 大きく 小さく なる。

./images/03696.jpg
./images/RespCycleBasicSummary-Jpn.jpg
3.

呼息により胸腔が縮小すると、胸腔内の 陽圧 陰圧 大きく 小さく なる。