POINT!


(2次血栓を形成する)凝固系はたんぱく質のグループであり、(当然)アミノ酸から生成されます。この過程(凝固系の生成)の一部はビタミンKに依存しています。凝固系の(複数ある)たんぱく質の中に、ビタミンKがないと形成されないのがあるのです。ビタミンKは血液凝固を促進するのです。そのため、

VitK-good-coagulation.jpg

外傷による出血時などは凝固系から血栓が形成される(凝固する)ことは好ましいです。このような時、ビタミンKの摂取は推奨されます。

VitKdeficiency.jpg

ビタミンKが不足すると、血液凝固が低下します。血栓が形成され止血にかかる時間が延長するので、出血傾向となります。


VitK-bad-coagulation.jpg

凝固系が・高コレステロール血症・血流の低下・脱水など、血管内に<あまりない>状態に触れることでも2次血栓形成が促進されます(血液が凝固します)。このような時、ビタミンKの摂取は推奨されません。


Challenge Quiz

1.

ビタミンKは血液凝固を 促進する 抑制する

2.

ビタミンKは血液凝固を 促進する 抑制する

./images/VitK-good-coagulation.jpg
3.

ビタミンK欠乏では血液凝固が 亢進する 低下する

4.

ビタミンK欠乏では血液凝固(止血までの)時間が 延長する 短縮する

5.

ビタミンK欠乏では 出血しやすくなる(出血傾向が大きくなる) 出血しにくくなる(出血傾向が小さくなる)

6.

ビタミンK欠乏では 出血しやすくなる(出血傾向が大きくなる) 出血しにくくなる(出血傾向が小さくなる)

./images/VitKdeficiency.jpg
7.

外傷による出血時などでは、ビタミンKの摂取は 推奨される 推奨されない

8.

・高コレステロール血症・血流の低下・脱水などの際、ビタミンKの摂取は 推奨される 推奨されない

9.

外傷による出血時などでは ・高コレステロール血症・血流の低下・脱水などの際 、ビタミンKの摂取は推奨される。

10.

外傷による出血時などでは ・高コレステロール血症・血流の低下・脱水などの際 、ビタミンKの摂取は推奨されない。