POINT!

04704.jpg

破たんした血管壁も、多くの場合、再生します。すると、血栓は不要になります。

線維素溶解(線溶)系は、その名の通り、2次血栓である線維素(フィブリン)を溶解させます。溶解した産物はフィブリン分解産物(fibrin degradation products, FDP)とよばれています。

混同されやすいのが、抗凝固剤です。抗凝固剤は、2次血栓の生成を抑制するのであり、線溶系とは異なります。


Challenge Quiz

1.

プラスミンは フィブリンの前駆物質である フィブリノーゲンから生成する トロンビンが酵素として作用する トロンビンの前駆物質である プロトロンビンから生成する 第X因子が酵素として作用する フィブリンに作用する酵素である プラスミンが酵素として作用する FDPを生成する基質である フィブリンから生成する プロトロンビンに作用する酵素である 出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する

2.

線溶系とは 一度出来上がったフィブリンを溶解すること フィブリンを作れなくする であり、凝固系の抑制とは 一度出来上がったフィブリンを溶解する フィブリンを作れなくする ことである.

3.

プラスミンは 内因子の活性化 外因子の活性化 第X因子の活性化 プロトロンビンからトロンビンを生成 フィブリノーゲン(第I因子)からフィブリンを生成 フィブリンからFDPを生成 する。

4.

プラスミンは 内因子の活性化 外因子の活性化 第X因子の活性化 プロトロンビンからトロンビンを生成 フィブリノーゲン(第I因子)からフィブリンを生成 フィブリンからFDPを生成 する。

./images/04704.jpg
5.

プラスミンが酵素として作用するのは  フィブリン トロンビン プロトロンビン(第II因子) プラスミン FDP 活性化した第X因子 である.

6.

フィブリンに作用する酵素であるのは  フィブリノーゲン(第I因子) フィブリン トロンビン プロトロンビン(第II因子) プラスミン FDP 活性化した第X因子 である.

7.

フィブリンから生成するのは フィブリノーゲン(第I因子) フィブリン トロンビン プロトロンビン(第II因子) プラスミン FDP 活性化した第X因子 である.