生化学/脂質/リポたんぱく質/動き/カイロミクロン生成・移動(基礎)

提供: 一歩一歩学ぶ生命科学
移動: 案内検索
POINT!

動画と音声での説明
Chylomicron-generation-move.jpg

Challenge Quiz

1. トリグリセリドは、小腸の細胞で カイロミクロンを形成し そのままの状態で (最終的に)血管に入る。
2. カイロミクロンの主な動きは、 小腸の細胞で生成されて、リンパ管を経て血中に入る カイロミクロンの中のトリグリセリドから脂肪酸が離れることで生成し、肝臓に入る 肝臓で生成され、トリグリセリドから脂肪酸が離れることで、IDLとなる IDLの中のトリグリセリドから、肝性リパーゼで脂肪酸が離れることで生成し、末梢組織に入る 末梢からコレステロールを受取って成熟し、肝臓に戻る である。
3. カイロ(キロ)ミクロンは、 小腸内腔 小腸壁 肝臓 血中 血管内皮細胞の表面 で生成される。
4. 脂肪酸は小腸から吸収されカイロミクロンとなり最初に リンパ管 門脈(血管) を通る。