概論/負のフィードバックによる調節/負のフィードバックの異常/「原因」が少なすぎる病態(故障)

提供: 一歩一歩学ぶ生命科学
移動: 案内検索

動画と音声での説明

03702.jpg

エンジンオイル切れや、オーバーヒートなどの故障により、エンジンの回転が下がってしまったとしましょう。これにより、スピード上昇への促進作用も少なくなり、スピードも低下してしまいます。

「結果」が少ない場合、負のフィードバックでは、結果を促進する原因を多くしたいです。しかし、故障によりエンジンの回転が低下していますので、負のフィードバックは作用しません。

これが人体であれば、生理的でないといいます。



Challenge Quiz

1. 病態(故障)で「原因」が低下した場合、「結果」は 上昇 低下 する。
2. 病態(故障)で「原因」が低下した場合、「原因」は 負のフィードバックで元のレベルまで戻る 低下したままである