動画と音声での説明

04371.jpg

*ビタミンDは、ステロイド骨格の25位が肝臓で水酸化(-OH)され、1位が腎臓で水酸化され、活性化されます。皮膚でも、日光の作用により、ビタミンDは生成されます。

*活性型ビタミンDの主な作用は腸管からのCa2+ならびにリン(酸イオン)の吸収促進、腎尿細管におけるCa2+の再吸収促進です。

*活性型ビタミンDには、骨形成作用があります。

Challenge Quiz

1. 活性型ビタミンDは、腸管からのカルシウムイオンの吸収 を抑制する に影響しない を亢進する
2. 活性型ビタミンDは、腎尿細管からのカルシウムイオンの再吸収 を抑制する に影響しない を亢進する
3. 活性型ビタミンDの作用は骨の 吸収(破壊) 形成 である。
4. 活性型ビタミンDは、腸管からのリン(酸イオン)の吸収 を抑制する に影響しない を亢進する