POINT!

動画と音声での説明

6-incReabsorption-effect1.jpg

発汗前の動画

6-sweatReabsorption-control1.jpg

発汗したとしましょう。水分が血漿から出るため、血漿浸透圧は上昇します。

発汗は血漿浸透圧を上げ、水の再吸収は血漿浸透圧を下げます。このふたつは逆の方向であるため、水分再吸収の血漿浸透圧低下作用が不足になります。 発汗直後、調節前の動画

SweatDuringReabsorptionControl.jpg

このとき、負のフィードバックは水分の再吸収を増加します。発汗に対して水分再吸収が増加した直後の動画

6-sweatReabsorption-control2.jpg

「再吸収されて血漿に入る塩分より再吸収されて血漿に入る水分が多く」なり、上昇していた血漿浸透圧は下がります。

「再吸収されて尿細管から出る塩分より再吸収されて尿細管から出る水分が多く」なり、尿浸透圧は上昇します。 水分再吸収が増加するため、尿量は減ります。濃い尿が少量でてきます。発汗に対して水分再吸収が増加した後の血漿、尿の2次的変化の動画

Challenge Quiz

1. 発汗により血漿浸透圧が上昇すると、負のフィードバック調節により、血漿浸透圧は、(等張に向けて) 上昇 低下 する。
2. 発汗により血漿浸透圧が上昇すると、負のフィードバック調節により、尿細管における水分の再吸収は、通常より  亢進 低下 する。
3. 発汗により血漿浸透圧が上昇すると、負のフィードバック調節により、尿量は、通常より  増大 減少 する。
4. 発汗により血漿浸透圧が上昇すると、負のフィードバック調節により、尿の浸透圧は、通常より  上昇 低下 する。
5. 発汗により血漿浸透圧が上昇すると、負のフィードバック調節により、腎静脈の血漿浸透圧は、腎動脈の血漿浸透圧より  上昇 低下 する。
6. 発汗すると、血漿浸透圧は  上昇 低下 する。これは、腎臓の尿細管における水分再吸収による作用(血漿浸透圧の 上昇 低下 )と  同じ 逆の 状態であり、負のフィードバックにより水分の再吸収は  多く 少なく なる。これは尿量を  減少 増大 させ、尿浸透圧を  増大 減少 させ、血漿浸透圧を(等張へ向けて)  高く 低く する。