Tubule table.jpg

近位尿細管:ろ過された塩分、水分の約2/3を再吸収する。
ヘンレループ:尿を濃縮するために必要な対向流増幅系を構成している。
遠位尿細管:(ナトリウム再吸収のポンプがあり)アルドステロンの作用部位。
集合管:(水分を再吸収する水チャンネルがあり)バゾプレッシン、抗利尿ホルモン(ADH)の作用部位ならびに(ナトリウム再吸収のポンプがあり)アルドステロンの作用部位

Challenge Quiz

1. ろ過された塩分、水分の約2/3を再吸収する部位は、 近位尿細管 ヘンレループ 遠位尿細管 集合管 である。
2. 尿を濃縮するために必要な対向流増幅系を構成している部位は、 近位尿細管 ヘンレループ 遠位尿細管 集合管 である。
3. アルドステロンの作用部位は、 近位尿細管 ヘンレループ 遠位尿細管 集合管 である。
4. バゾプレッシン、抗利尿ホルモン(ADH)の作用部位は、 近位尿細管 ヘンレループ 遠位尿細管 集合管 である。
5. 水分は 近位尿細管 遠位尿細管 集合管 で再吸収される。