ある成人には血漿がだいたい3,000 mLあり、クレアチニンの濃度は10 μg/mLでした。腎臓がクレアチニンを毎分1000 μg排泄すると、血漿はどのようにきれいになっていくのか、を求めるとき、次のどちらが正確に求められるでしょうか? 1.血漿内のクレアチニンの総量はだいたい30 mgになるから、腎臓が毎分排泄する1000 μgのクレアチニンは、クレアチニンの総量のだいたい1/30になる。

2.毎分、腎臓は血漿100 mLを(クレアチニンに関して)キレイにする。(クレアチニン・クリアランスは毎分血漿100 mLである)。 答え 2番が正解です。血漿量は正確には測定しにくいのです。方法がないわけではありませんが、日常臨床ではあまり行われてはいません。血漿のクレアチニン濃度、尿への排泄量は正確に求められます。すなわち、クレアチニン・クリアランスを求めることにより、血漿がクレアチニンに関してキレイになっていく様子を、正確に数値化できるわけです。

ところで。。。9時00分に血漿にあるクレアチニンを9時30分にはすべて血漿から排泄する能力が腎臓にはある、ということです。クレアチニンが老廃物であることを思い出してください。腎臓は1日にほぼ50回、血漿の大掃除をしているわけです。

Challenge Quiz

1. 血漿に含まれるクレアチニンの何%が毎分排泄されるのかは  正確に求められる あまり正確に求められない
2. クレアチニン・クリアランス(血漿何 mLに含まれる分のクレアチニンが毎分排泄されるか)は  正確に求められる あまり正確に求められない