延髄に「中枢性化学受容器」があり、CO2の上昇により活動電位が多発します。


Challenge Quiz

1. CO2の受容器は主に 延髄 気道 頚動脈小体 大動脈弓 にある。
2. 延髄の中枢性化学受容器は CO2 O2 低下 上昇 により活動電位が多発する。
3. 血液の中枢性化学受容器は 頚動脈洞 大動脈弓 心房 心室 頚動脈小体 大動脈洞 冠状静脈洞 延髄 視床下部 大脳 にある.