動画と音声での説明

IncCO2.jpg

呼吸筋の収縮・弛緩(呼吸運動)は換気を促進し、換気はガス交換を促進し、ガス交換は血中CO2を低下させます。

再呼吸したとしましょう。

再呼吸は血中CO2を上昇させます。

血中CO2に対するこの二つの作用は逆方向であるため、呼吸筋の収縮・弛緩(呼吸運動)、換気、ガス交換の作用が不足します。

IncCO2Response.jpg

そのため、負のフィードバックは呼吸筋の収縮・弛緩(呼吸運動)を促進します。

呼吸筋の収縮・弛緩(呼吸運動)の促進は換気をさらに促進します。換気の促進はガス交換をさらに促進します。ガス交換の促進は血中CO2への低下作用を増強し上昇していた血中CO2を正常へ向けて低下させます。

1. 血中CO2を呼吸(筋の収縮・弛緩、換気、ガス交換)は 低下 上昇 させ、再呼吸 も低下 は上昇 させ、この二つの作用は 同じ 逆の 方向である。
2. 再呼吸の時の負のフィードバックは、呼吸(筋の収縮・弛緩、換気、ガス交換)を 抑制 促進 する。