POINT!


00646.jpg

1.定義上、(緩衝とか代償とかではなく)「病的に」低下するなら、 図 のように、pHが7.6→7.5,7.5→7.4,7.44→7.36,7.4→7.3,7.3→7.2のようにどのような範囲であっても、アシドーシスです。



00647.jpg

2.定義上、(緩衝とか代償とかではなく)「病的に」増大するなら、 図のように、pHが7.6←7.5,7.5←7.4,7.44←7.36,7.4←7.3,7.3←7.2のようにどのような範囲であっても、アルカローシスです。



00648.jpg

3.pHを酸性方向へ低下させる病態をアシドーシスとよびます(上述)。一方、pHが正常範囲(7.35)を超えて低下した病態を 酸血症(acidemia)とよびます。



00649.jpg

4.pHをアルカリ性方向へ増大させる病態をアルカローシスとよびます(上述)。一方、pHが正常範囲(7.45)を超えてアルカリ性へ増大した病態を アルカリ血症(alkalemia) とよびます。




00650.jpg

これらの用語はしばしば混乱して使われているが、上記の定義が最も適切と思われます。なぜなら病態はしばしば重複するからです。たとえばアルコール摂取により呼吸が抑制され、嘔吐があると、呼吸抑制によりH+濃度が増加するアシドーシス(後述)と、胃酸の嘔吐によりH+濃度が減少するアルカローシスとが重複します。この際、pHがどうなるかは、ふたつの病態の相対的な強さに依存します。そのため、病態を表現する用語と動脈血のpHを表現する用語は別々に必要です。図のようにまとめられます。


「pH=7.2はアシドーシスです」との表現は「pH=7.2はアシドーシス(による酸血症)です」を省略したのであり、同様に、「pH=7.5はアルカローシスです」との表現は「pH=7.5はアルカローシス(によるアルカリ血症)です」を省略したのです。


Challenge Quiz

1. 動脈血pHを病的に低下させる病態が アシドーシス アルカローシス 酸血症 アルカリ血症 である。
2. 動脈血pHが正常範囲(7.35)を超えて低下した病態が アシドーシス アルカローシス 酸血症 アルカリ血症 である。
3. 動脈血pHを病的に増大させる病態が アシドーシス アルカローシス 酸血症 アルカリ血症 である。
4. 動脈血pHが正常範囲(7.45)を超えて増大した病態が アシドーシス アルカローシス 酸血症 アルカリ血症 である。