POINT!
Anti-coagulation.jpg
抗凝固剤は、文字通り、血液凝固(2次血栓ができること)を抑制します。できあがっている血栓を分解(溶解)させる作用とは異なります。


高コレステロール血症、血流の低下、脱水などでできる「好ましくない2次血栓」(それにともなう塞栓)を抑制するために使われています。たとえば、心筋梗塞の再発防止などです。

Challenge Quiz

1. 抗凝固剤は 2次血栓ができること(血液凝固)を抑制する できあがっている血栓を分解(溶解)させる。