POINT!
プロトロンビン活性化.jpg


活性化した第X因子は、プロトロンビンに作用してトロンビンを生成させます。


プロトロンビンのプロは、proceedのプロであり、前駆体なのです。


Challenge Quiz

1. (活性化した)第X因子は フィブリンの前駆物質である フィブリノーゲンから生成する トロンビンが酵素として作用する フィブリノーゲンに作用する酵素である トロンビンの前駆物質である プロトロンビンから生成する フィブリンに作用する酵素である プラスミンが酵素として作用する フィブリンから生成する プロトロンビンに作用する酵素である 出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する
2. プロトロンビンは、 フィブリンの前駆物質である フィブリノーゲンから生成する トロンビンが酵素として作用する フィブリノーゲンに作用する酵素である トロンビンの前駆物質である プロトロンビンから生成する フィブリンに作用する酵素である プラスミンが酵素として作用する フィブリンから生成する プロトロンビンに作用する酵素である 出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する 活性化した第X因子が酵素として作用する
3. トロンビンは、 トロンビンが酵素として作用する トロンビンの前駆物質である プロトロンビンから生成する プロトロンビンに作用する酵素である 出血時、活性化された外因系および/または内因系が直接活性化する
4. プロトロンビンから生成するのは  フィブリノーゲン(第I因子) フィブリン トロンビン プロトロンビン(第II因子) プラスミン FDP 第X因子 である.
5. 活性化した第X因子が酵素として作用するのは フィブリノーゲン(第I因子) フィブリン トロンビン プロトロンビン(第II因子) プラスミン FDP 活性化した第X因子 である.
6. プロトロンビンに作用する酵素であるのは フィブリノーゲン(第I因子) フィブリン トロンビン プロトロンビン(第II因子) プラスミン FDP 活性化した第X因子 である.