04703.jpg

血管壁が損傷し、出血したとしましょう。出血部位の血液には外因系、内因系、第Ⅹ因子、プロトロンビン、フィブリノーゲンなどの凝固因子が溶けています。

空気、組織液など血管外の物質が外因系に触れると外因系が活性化されます。 コラーゲンが内因系に触れると、内因系が活性化されます。

活性化した外因系と内因系とは、それぞれ第X因子を活性化します。

活性化した第Ⅹ因子は、プロトロンビンに作用してトロンビンを生成させます。

トロンビンはフィブリノーゲンに作用して、フィブリンにします

フィブリンは非水溶性ですので、血栓が形成されます。これは出血部位の血液全体で起こるので2次血栓が形成され、出血が止まります。



Challenge Quiz

1. フィブリンの前駆物質であるのは  フィブリノーゲン(第I因子) フィブリン トロンビン プロトロンビン(第II因子) 活性化した第X因子 である.
2. フィブリノーゲンから生成するのは  フィブリノーゲン(第I因子) フィブリン トロンビン プロトロンビン(第II因子) 活性化した第X因子 である。
3. トロンビンが酵素として作用するのは  フィブリノーゲン(第I因子) フィブリン トロンビン プロトロンビン(第II因子) 活性化した第X因子 である。
4. フィブリノーゲンに作用する酵素であるのは  フィブリノーゲン(第I因子) フィブリン トロンビン プロトロンビン(第II因子) 活性化した第X因子 である。
5. トロンビンの前駆物質であるのは  フィブリノーゲン(第I因子) フィブリン トロンビン プロトロンビン(第II因子) 活性化した第X因子 である。
6. プロトロンビンから生成するのは  フィブリノーゲン(第I因子) フィブリン トロンビン プロトロンビン(第II因子) 第X因子 である。
7. 活性化した第X因子が酵素として作用するのは フィブリノーゲン(第I因子) フィブリン トロンビン プロトロンビン(第II因子) 活性化した第X因子 である。
8. プロトロンビンに作用する酵素であるのは フィブリノーゲン(第I因子) フィブリン トロンビン プロトロンビン(第II因子) 活性化した第X因子 である。
9. 出血時、活性化された外因系および/または内因系が、直接、活性化するのは  フィブリノーゲン(第I因子) フィブリン トロンビン プロトロンビン(第II因子) 第X因子 である。