POINT!

動画と音声での説明

GlucoseRole.jpg
グルコース(ブドウ糖)(から生成したピルビン酸)は、クエン酸回路の基質である(=ATPを生成する)アセチル-CoAを生成するだけではなく、クエン酸回路の「ベルトコンベア」とも言える(=クエン酸回路を促進する)オキザロ酢酸をも生成します。脂肪酸がβ酸化を受けると、二者のうちアセチル-CoAだけが生成されます。


GlucoseRoleDec.jpg

最初の病態として細胞内のグルコース(ブドウ糖)が減少したとしましょう。 グルコース(ブドウ糖)からだけ生成するクエン酸回路の「ベルトコンベア」とも言える(=クエン酸回路を促進する)オキザロ酢酸は減少するので、クエン酸回路は低下し、クエン酸回路を経由したATPは生成されません。代わりのATPを生成するため、β酸化が亢進します。クエン酸回路の基質であるアセチル-CoAは、ブドウ糖(ピルビン酸)からは生成されませんが、脂肪酸からは生成されるので減少しません。しかしながら、(オキザロ酢酸がなく)クエン酸回路が低下しているので、別の代謝産物であるケトン体になります。

Challenge Quiz

1. 細胞内のブドウ糖が不足すると、  ブドウ糖 脂肪酸 の代謝が主たるエネルギー代謝となる。
2. 細胞内のブドウ糖が不足すると、 解糖系 クエン酸(クレブス、TCA)回路 β-酸化 が低下する。
3. 細胞内のブドウ糖が不足すると、 解糖系 クエン酸(クレブス、TCA)回路 β-酸化 が亢進する。
4. 細胞内の糖が不足したために脂肪酸の代謝が亢進すると、 乳酸 ケトン体 が蓄積する。