POINT!

動画と音声での説明

Pyruvate-intro8.jpg

アセチルの部分には炭素原子が2つ入っています。 クエン酸に水が加わると、アセチルの部分が分解され、二酸化炭素2つと水素原子とエネルギーとが取り出されます。 取り出されたエネルギーによりアデノシン2リン酸(ADP)にリン酸が結合し、アデノシン3リン酸(ATP)が生成されます。 ここでのATP生成も「基質レベルのリン酸化反応」です。 これがクエン酸回路の概要です。

Challenge Quiz

1. クエン酸(クレブス、TCA)回路は、O2を消費 する しない
2. クエン酸(クレブス、TCA)回路は、CO2を生成(産生) する しない
3. クエン酸(クレブス、TCA)回路におけるATP生成は 酸化的リン酸化反応 基質レベルのリン酸化反応 である。
4. クエン酸(クレブス、TCA)回路は、全体としては、水を 生成(産生) 消費 する。