POINT!

動画と音声での説明

01406.jpg

燃料である水素原子が電子伝達系に入ります。そこで、H+と書いてある水素イオン(プロトン)とe-と書いてある電子とに分かれます。水素イオン(プロトン)はミトコンドリア内膜の外側に移動します。

分かれた電子は、文字通り電子伝達系を伝達します。この動きにより、ミトコンドリア内膜の内側の水素イオン(プロトン)が外側に移動します。

移動を終えた電子はミトコンドリア内膜の内側へ移動します。

内膜の内側で酸素と水素イオン(プロトン)と電子とは一緒になって水(H2O)が生成します。

電子伝達系の作用により内膜の外側の水素イオン(プロトン)は増え、内側の水素イオン(プロトン)は減りました。この濃度勾配のために、水素イオン(プロトン)は内膜の外側から内側へ移動します。

この動きにより、ATP合成酵素においてアデンシン2リン酸(ADP)にリン酸が結合し、アデノシン3リン酸ATPが生成します。

結局、H(水素原子)が、ミトコンドリア内膜の内側にあるクレブス回路などから供給されると、電子伝達系では次のことが起こります。 ・H+(陽子、プロトン)とe-(電子)とに別れます。 ・H+(プロトン)は内膜の外側に放出されます。 ・e-(電子)は内膜の電子伝達系で受け渡されていきます。 ・電子が受け渡されていくと、内膜の内側にあるH+(プロトン)が内膜の外側に放出されます。 ・e-(電子)は最終的に内膜の内側にあるH+(プロトン)と結合し、さらに酸素と結合して水となります。

これらにより、内膜の内側と外側とでH+(プロトン)の濃度勾配が生じます。 ・内側が低濃度 ・外側が高濃度 この濃度勾配により、ATP合成酵素でATPが生成されます。

<<上記の説明は、半定量的です。受け渡される電子の数、生成するATPの数などに関する情報は省いてあります!>> 

Challenge Quiz

1. 電子伝達系に供給されたH(水素原子)は、 酸素と結合する。 H+(陽子、プロトン)とe-(電子)とに別れる。
2. ミトコンドリア内膜の電子伝達系で生成したH+(プロトン)は、 内膜の内側に放出される 内膜の電子伝達系を伝達していく 内膜の外側に放出される
3. ミトコンドリア内膜の電子伝達系で生成したe-(電子)は、 内膜の内側に放出される 内膜の電子伝達系を伝達していく 内膜の外側に放出される
4. ミトコンドリア内膜の電子伝達系をe-(電子)が伝達していくと、H+(プロトン)は内膜の 内側から外側 外側から内側 へ移動する。
5. ミトコンドリア内膜を受け渡されてきたe-(電子)は、最終的には、内膜の 内側 外側 にあるH+(プロトン)と結合する。