POINT!

動画と音声での説明

InsulinBaselineJpn.jpg

インスリンは血糖を低下させます。インスリンは食事の前にもある一定量の生成、内分泌、血中濃度、血糖低下作用があります。

PancreasSufficiency.jpg

12時に食事したとします。食事により血糖は上昇します。インスリン(の生成、内分泌、血中濃度)は血糖を低下させます。これらは逆の方向(青)なので、負のフィードバックはインスリン(の生成、内分泌、血中濃度)を亢進(赤)させ、血糖低下作用は増強します。この反応は早く、30分くらいでピークになります。上昇していた血糖は元の血糖に2時間位でだいたい下がります。

PancreasInsufficiency.jpg

2型糖尿病では、膵臓の分泌が不全になります(不充分です)。そのため、12時に食事して血糖が上がった場合、負のフィードバックがインスリン(の生成、内分泌、血中濃度)を亢進させるのが遅延します。ピークになるのに2,3時間かかってしまいます。しかも、そのピークは正常より小さいのです。そのため、食事の2時間後では血糖は高いままです。

Challenge Quiz

1. 2型糖尿病での膵臓β細胞分泌不全により、食後のインスリン(の生成、内分泌、血中濃度)亢進は 迅速になる 遅延する
2. 膵臓β細胞の分泌不全によりインスリン(の生成、内分泌、血中濃度)は、正常人と比べて 極めて低下する 亢進する 食後の亢進が小さく、遅延する
3. 膵臓β細胞の分泌不全により食後の血糖は、正常人と比べて 極めて低下する 上昇する 食後の上昇が小さく、遅延する