POINT!

動画と音声での説明

InsulinBaselineJpn.jpg
インスリンは食事の前にもある一定量の生成、内分泌、血中濃度、血糖低下作用があります。


Insulin-resistanceBeforeFeedback.jpg
2型糖尿病では、主病態として「インスリン抵抗性」があります。インスリンの生成、内分泌、血中濃度ではなく、血糖低下作用が減弱するのです。そのため血糖は上昇します。


Insulin-resistance.jpg
血糖が上昇しました。インスリン(の生成、内分泌、血中濃度)は血糖を低下させます。これらは逆の方向(青)なので、負のフィードバックはインスリン(の生成、内分泌、血中濃度)を亢進(赤)させようとします。膵臓は正常ですので、負のフィードバックがインスリンを亢進させます。しかし、インスリン抵抗性のため、血糖はあまり低下しません。


Challenge Quiz

1. 2型糖尿病での「インスリン抵抗性」によりインスリンの(生成、内分泌、血中濃度ではなく)血糖低下作用は 増強 減弱 する。
2. インスリン抵抗性によりインスリン(の生成、内分泌、血中濃度)は、正常人と比べて 極めて低下する 亢進する 食後の亢進が小さく、遅延する
3. インスリン抵抗性により食後の血糖は、正常人と比べて 極めて低下する 上昇する 食後の上昇が小さく、遅延する