POINT!
Glucagon-FBsummary.jpg
Insulin-FBsummary.jpg

食事などにより血糖が高い時、負のフィードバックはグルカゴン(の生成、内分泌、血中濃度)を低下させる。

絶食などにより血糖が低い時、負のフィードバックはグルカゴン(の生成、内分泌、血中濃度)を亢進させる。

食事などにより血糖が高い時、負のフィードバックはインスリン(の生成、内分泌、血中濃度)を亢進させる。

絶食などにより血糖が低い時、負のフィードバックはインスリン(の生成、内分泌、血中濃度)を低下させる。

Challenge Quiz

1. 食事の作用と インスリン グルカゴン の作用は 同じ 逆の 方向であるので、負のフィードバックは前々選択肢(の生成、内分泌、血中濃度)を低下させる。
2. 絶食の作用と インスリン グルカゴン の作用は 同じ 逆の 方向であるので、負のフィードバックは前々選択肢(の生成、内分泌、血中濃度)を亢進させる。
3. 絶食の作用と インスリン グルカゴン の作用は 同じ 逆の 方向であるので、負のフィードバックは前々選択肢(の生成、内分泌、血中濃度)を低下させる。
4. 食事の作用と インスリン グルカゴン の作用は 同じ 逆の 方向であるので、負のフィードバックは前々選択肢(の生成、内分泌、血中濃度)を亢進させる。
5. 血糖が高い時、負のフィードバックは グルカゴン インスリン (の生成、内分泌、血中濃度)を低下させる。
6. 血糖が高い時、負のフィードバックは グルカゴン インスリン (の生成、内分泌、血中濃度)を亢進させる。
7. 血糖が低い時、負のフィードバックは グルカゴン インスリン (の生成、内分泌、血中濃度)を低下させる。
8. 血糖が低い時、負のフィードバックは グルカゴン インスリン (の生成、内分泌、血中濃度)を亢進させる。