04365.jpg

ペプチドホルモンは、細胞膜を通過できません。ペプチドホルモンの受容体は細胞膜にあり、ホルモンが結合した受容体は、G-プロテイン(Gたんぱく質)を活性化します。活性型G-プロテイン(Gたんぱく質)は、細胞質における、アデノシン三リン酸(ATP)からサイクリックアデノシン1リン酸(サイクリックAMP)への生成を促進します。サイクリックアデノシン1リン酸(サイクリックAMP)はセカンドメッセンジャーであり、生理活性をもたらします。

Challenge Quiz

1. G-プロテイン(Gたんぱく質)は 細胞膜に到達したホルモン ホルモンが結合した、細胞膜にある受容体 ホルモンが結合していない、細胞膜にある受容体 セカンドメッセンジャー により活性化する。
2. 活性型G-プロテイン(Gたんぱく質)は サイクリックアデノシン1リン酸(サイクリックAMP)生成を促進する サイクリックアデノシン1リン酸(サイクリックAMP)の基質である
3. サイクリックアデノシン1リン酸(サイクリックAMP)生成酵素は細胞 核膜 にある。
4. サイクリックアデノシン1リン酸(サイクリックAMP)は細胞 核膜 にある。
5. G-プロテイン(Gたんぱく質)は、 セカンドメッセンジャー生成を促進する セカンドメッセンジャーであり、生理活性がある DNAの複製を促進する DNA→mRNAへの転写を促進する
6. サイクリックアデノシン1リン酸(サイクリックAMP)は セカンドメッセンジャー生成を促進する セカンドメッセンジャーであり、生理活性がある DNAの複製を促進する DNA→mRNAへの転写を促進する