POINT!

動画と音声での説明

Insulin-resistance.jpg

インスリンは血糖を低下させます。 食事は血糖を上昇させます。 このふたつは逆の方向であるため、インスリンの血糖低下作用が不足になります。 負のフィードバックはインスリンを亢進させ、血糖低下作用は強くなります。上昇していた血糖は下がります。

2型糖尿病では、主病態として、インスリンの血糖低下作用が弱くなります。 インスリン抵抗性と呼ばれます。インスリンが効かないので、血糖値は上昇します。 食事しなくてもインスリンの不足した状態となり、 負のフィードバックがインスリンを亢進させ、高インスリン血症となります。 しかし、インスリンは効かないので、血糖はあまり低下しません。


Challenge Quiz

1. インスリン血中濃度の割に血糖値が 高い 低い 場合、インスリン抵抗性が診断される。
2. 血糖値の割にインスリンの血中濃度が 高い 低い 場合、インスリン抵抗性が診断される。
3. 2型糖尿病の進行とともにインスリン抵抗性が 増大 低下 する。
4. インスリン抵抗性があると、インスリンの生成、内分泌、血中濃度は 極めて低下する 高値になる 上昇が遅延する
5. インスリン抵抗性があると、血糖値は 極めて低下する 高値になる 上昇が遅延する