POINT!

動画と音声での説明

04460.jpg
下向きの矢印は促進作用です。上が多いほど下も多く、上が少ないほど下も少ないのです。アルドステロンもエストロゲンも、血中への内分泌、血中濃度の上昇、ホルモン作用の発現の流れは同じです。


横にあるが負のフィードバックです。アルドステロンでは、ホルモンの作用(血圧上昇)がモニターされています。そして、ホルモンの作用が、アルドステロンの生成、内分泌に負のフィードバックをかけています。ちょうどいい(セットポイントの)レベル(アルドステロンの場合は血圧)があり、これよりも多いと、アルドステロンの生成、内分泌は低下し、これよりも少ないと、アルドステロンの生成、内分泌は増大するのです。この負のフィードバックシステムにより、アルドステロンの作用である、血圧(の上昇)が一定に保たれています。 このような分泌調節を「作用重視型調節」とよびましょう。

エストロゲンでは、ホルモンの血中濃度がモニターされています。そして、血中濃度が、エストロゲンの生成、内分泌に負のフィードバックをかけています。ちょうどいい(セットポイントの)レベル(エストロゲンの血中濃度)があり、これよりも多いと、エストロゲンの生成、内分泌は低下し、これよりも少ないと、エストロゲンの生成、内分泌は増大するのです。この負のフィードバックシステムにより、エストロゲンの血中濃度が一定に保たれています。 このような分泌調節を「濃度重視型調節」とよびましょう。

Challenge Quiz

1. アルドステロンのような「作用重視型調節」を受けるホルモンでは、そのホルモンの作用が多くなったとき、ホルモン分泌は 低下する モニターされていないから直接的にはあまり影響を受けない 亢進する
2. アルドステロンのような「作用重視型調節」を受けるホルモンでは、そのホルモンの作用が少なくなったとき、ホルモン分泌は 低下する モニターされていないから直接的にはあまり影響を受けない 亢進する
3. アルドステロンのような「作用重視型調節」を受けるホルモンでは、そのホルモンの血中濃度が多くなったとき、ホルモン分泌は 低下する モニターされていないから直接的にはあまり影響を受けない 亢進する
4. アルドステロンのような「作用重視型調節」を受けるホルモンでは、そのホルモンの血中濃度が少なくなったとき、ホルモン分泌は 低下する モニターされていないから直接的にはあまり影響を受けない 亢進する
5. エストロゲンのような「濃度重視型調節」を受けるホルモンでは、そのホルモンの作用が多くなったとき、ホルモン分泌は 低下する モニターされていないから直接的にはあまり影響を受けない 亢進する
6. エストロゲンのような「濃度重視型調節」を受けるホルモンでは、そのホルモンの作用が少なくなったとき、ホルモン分泌は 低下する モニターされていないから直接的にはあまり影響を受けない 亢進する
7. エストロゲンのような「濃度重視型調節」を受けるホルモンでは、そのホルモンの血中濃度が多くなったとき、ホルモン分泌は 低下する モニターされていないから直接的にはあまり影響を受けない 亢進する
8. エストロゲンのような「濃度重視型調節」を受けるホルモンでは、そのホルモンの血中濃度が少なくなったとき、ホルモン分泌は 低下する モニターされていないから直接的にはあまり影響を受けない 亢進する
9. アルドステロンのような「作用重視型調節」を受けるホルモンでは、ホルモンの作用が一定になるように調節されている。
10. エストロゲンのような「濃度重視型調節」を受けるホルモンでは、ホルモンの作用が一定になるように調節されている。
11. アルドステロンのような「作用重視型調節」を受けるホルモンでは、ホルモンの血中濃度が一定になるように調節されている。
12. エストロゲンのような「濃度重視型調節」を受けるホルモンでは、ホルモンの血中濃度が一定になるように調節されている。