03795.jpg

摂取されたカルシウムは、腸管から吸収され、血中に入ります(1)。骨がカルシウムの重要な貯蔵部位であり、血液から骨へ移動することを貯蔵、沈着などといいます。この結果、骨形成がおこなわれます(3)。骨から血中への移動は、カルシウムの遊離、動員、放出とよばれます。これは、骨を破壊する方向(破骨)の動きです(2)。「骨の吸収」ともよばれています。カルシウムは、最終的には腎から排泄されます(4)。

Challenge Quiz

1. 腸管からのカルシウムの吸収により、血中カルシウム濃度は 上昇 低下 する。
2. 骨からの動員により、血中カルシウム濃度は 上昇 低下 する。
3. 骨からの遊離により、血中カルシウム濃度は 上昇 低下 する。
4. 骨の破壊により、血中カルシウム濃度は 上昇 低下 する。
5. 「骨の吸収」により、血中カルシウム濃度は 上昇 低下 する。
6. 骨の形成により、血中カルシウム濃度は 上昇 低下 する。
7. 骨への沈着により、血中カルシウム濃度は 上昇 低下 する。
8. 骨への貯蔵により、血中カルシウム濃度は 上昇 低下 する。
9. 腎臓からの排泄により、血中カルシウム濃度は 上昇 低下 する。
10. 骨からの放出により、血中カルシウム濃度は 上昇 低下 する。