POINT!
04419.jpg

血中カルシウム濃度が低いとカルシトニンの生成、内分泌が抑制され、逆に、高いとカルシトニン生成、内分泌が亢進します。

カルシトニンの分泌調節
 カルシトニン
 結果
(作用)
原因(生成・内分泌)
高カルシウム血症少ない亢進
低カルシウム血症多い低下

高カルシウム血症は、血中カルシウム濃度低下作用のあるカルシトニンにとっては、「結果」が少ない状態です。この際、負のフィードバック調節の一般論にしたがい、カルシトニン生成、内分泌は増大します。

低カルシウム血症は、血中カルシウム濃度低下作用のあるカルシトニンにとっては、「結果」が多い状態です。この際、負のフィードバック調節の一般論にしたがい、カルシトニン生成、内分泌は低下します。

Challenge Quiz

1. カルシトニンの分泌は、 「濃度重視型」 「作用重視型」 調節を受けている。
2. 低カルシウム血症は、カルシトニンにとっては「ホルモン作用」(血中カルシウム濃度の  上昇 低下 )である「結果」が 多い 少ない 状態であり、カルシトニンの生成・内分泌を  亢進 低下 させる。
3. 高カルシウム血症は、カルシトニンにとっては「ホルモン作用」(血中カルシウム濃度の  低下 上昇 )である「結果」が  多い 少ない 状態であり、カルシトニンの生成・内分泌を  亢進 低下 させる。
4. カルシウム血症がカルシトニンの生成、内分泌を亢進させる。