動画と音声での説明

心房性ナトリウム利尿ペプチド、atrial natriuretic peptide (ANP)

ANP.jpg

高血圧は、心房性ナトリウム利尿ペプチド、 atrial natriuretic peptide (ANP)の血圧低下作用とは逆の方向である。そのため、ANPの作用が不足する。負のフィードバックは、ANPの生成、内分泌、血中濃度を亢進(上昇)させる。

低血圧は、心房性ナトリウム利尿ペプチド、 atrial natriuretic peptide (ANP)の血圧低下作用とは同じ方向である。そのため、ANPの作用が過剰になる。負のフィードバックは、ANPの生成、内分泌、血中濃度を低下させる。


Challenge Quiz

1. 高血圧は、心房性ナトリウム利尿ペプチド、 atrial natriuretic peptide (ANP)の血圧 低下 上昇 作用とは逆の方向である。そのため、ANPの作用が 不足する 過剰になる 。負のフィードバックは、ANPの生成、内分泌、血中濃度を 亢進(上昇) 抑制(低下) する。
2. 低血圧は、心房性ナトリウム利尿ペプチド、 atrial natriuretic peptide (ANP)の血圧 低下 上昇 作用とは同じ方向である。そのため、ANPの作用が 不足する 過剰になる 。負のフィードバックは、ANPの生成、内分泌、血中濃度を 亢進(上昇) 抑制(低下) する。