POINT!


02315.jpg

すなわち、血しょう量が多く、血圧が高い(ホルモン作用「血しょう量・血圧が増大」が多い)場合、アルドステロンの分泌は低下します。一方、血しょう量が少なく、血圧が低い(ホルモン作用「血しょう量・血圧が増大」が少ない)場合、アルドステロンの分泌は亢進します。これにより、アルドステロンのホルモン作用である「血しょう量・血圧が増大」が一定に保たれます。


Challenge Quiz

1. アルドステロンの分泌は  ホルモン作用 ホルモン濃度 重視型のフィードバック調節を受けている。
2. アルドステロンの分泌に負のフィードバックをかけている主な要因は  血漿K+濃度の増大 血漿pHの低下 血漿量と血圧の増大 副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)濃度の増大 アンジオテンシノーゲン濃度の増大 である。
3. 血漿量と血圧が 塩分摂取により上昇 出血により低下 すると、レニンの分泌が多くなる。
4. 血漿量と血圧が 塩分摂取により上昇 出血により低下 すると、レニンの分泌が少なくなる。
5. 血漿量と血圧が 塩分摂取により上昇 出血により低下 すると、アルドステロンaldosterone(電解質コルチコイド)の分泌が多くなる。
6. 血漿量と血圧が 塩分摂取により上昇 出血により低下 すると、アルドステロンaldosterone(電解質コルチコイド)の分泌が少なくなる。