動画と音声での説明

04006.jpg

主病態としてアルドステロンの生成が亢進します。そのため、内分泌が亢進し、アルドステロンの血中濃度が高くなり、尿細管のナトリウムポンプに対する促進作用が増大します。 そのため、ナトリウムポンプは速くなります。

再吸収された血中のナトリウムイオンが増大し、血液量も大きく増大し、血圧も大きく上昇します。

カリウムの分泌も多くなるため、低カリウム血症となります。 水素イオンの分泌も多くなるため、代謝性アルカローシスとなります。

Challenge Quiz

1. アルドステロンaldosterone(電解質コルチコイド)分泌過剰は代謝性  アシドーシス(による酸血症) アルカローシス(によるアルカリ血症) をもたらす.
2. アルドステロンaldosterone(電解質コルチコイド)分泌過剰は  高血圧 低血圧 をもたらす.
3. アルドステロンaldosterone(電解質コルチコイド)分泌過剰は  高カリウム血症 低カリウム血症 をもたらす.
4. アルドステロン症は、血漿から尿を生成する際、Na+が異常に多く血漿に残り、血漿中のNa+が増大する疾患である。アルドステロン症では、血圧は  上昇する 不変である 低下する