POINT!
SystolicMurmur.jpg

心室筋が収縮している、相対的に短い駆出期に
*動脈弁は開いているべきですが、動脈弁狭窄症など
*房室弁は閉じているべきですが、房室弁逆流症など
があると、収縮期心雑音が聴かれます。これは「ザッ、ザッ」と短い心雑音です。


DiastolicMurmur.jpg

心室筋が弛緩(拡張)している、相対的に長い充満期に
*房室弁は開いているべきですが、房室弁狭窄症など
*動脈弁は閉じているべきですが、動脈弁逆流症など
があると、拡張期心雑音が聴かれます。これは「ザァ~~~、ザァ~~~」と長い心雑音です。

Challenge Quiz

1. 心室筋が収縮している、相対的に 長い充満期 短い駆出期 に動脈弁は 閉じている 開いている べきであるが、 逆流症 狭窄症 などがあると、収縮期心雑音が聴かれる。これは 「ザァ~~~、ザァ~~~」と長い 「ザッ、ザッ」と短い 心雑音である。
2. 心室筋が収縮している、相対的に 長い充満期 短い駆出期 に房室弁は 閉じている 開いている べきであるが、 逆流症 狭窄症 などがあると、収縮期心雑音が聴かれる。これは 「ザァ~~~、ザァ~~~」と長い 「ザッ、ザッ」と短い 心雑音である。
3. 心室筋が弛緩(拡張)している、相対的に 長い充満期 短い駆出期 に房室弁は 閉じている 開いている べきであるが、 逆流症 狭窄症 などがあると、拡張期心雑音が聴かれる。これは 「ザァ~~~、ザァ~~~」と長い 「ザッ、ザッ」と短い 心雑音である。
4. 心室筋が弛緩(拡張)している、相対的に 長い充満期 短い駆出期 に動脈弁は 閉じている 開いている べきであるが、 逆流症 狭窄症 などがあると、拡張期心雑音が聴かれる。これは 「ザァ~~~、ザァ~~~」と長い 「ザッ、ザッ」と短い 心雑音である。
5. (短い)収縮期心雑音では動脈弁 逆流症 狭窄症 、房室弁 逆流症 狭窄症 などが考えられる。
6. (長い)拡張期心雑音では房室弁 逆流症 狭窄症 、動脈弁 逆流症 狭窄症 などが考えられる。