POINT!

動画と音声での説明
たとえば、水の電気分解では
2H2O → 2H2 + O2
のようにH2Oの結合が外れ、新たにH2の結合とO2の結合とができます。注目したいことは、原子そのものが消費されたり、生成されたりしていないことです。「連結器」が離れたり結合したりすることで、分子が消費されたり、新しい分子が作られたりしますが、原子そのものの総量は化学反応の前後で不変です。

化学反応.jpg

Challenge Quiz

1. 原子の「連結器」が離れたり結合したりする過程が 化学反応 分子変化 物質反応 物質変化 である。
2. 化学反応により原子の総量は 減少する 不変である 増加する
3. 化学反応により分子は 減少したり増加したりする 不変である