鉄は、動物性食品(レバー、牛肉、鶏肉、豚肉、魚など)に含まれるヘム鉄、ならびに、植物性食品(ほうれん草、海藻)などに含まれる非ヘム鉄とに分類されます。

ヘム鉄は、すでに2価(Fe2+)になっており、腸管からの吸収率が30%前後と高くなっています。一方、非ヘム鉄は、3価(Fe3+)であり、胃液で2価(Fe2+)に還元された後に吸収されるため、吸収率は3%前後と低くなっています。


Challenge Quiz

1. レバーには、 ヘム鉄 非ヘム鉄 が多く含まれる。
2. 牛肉、鶏肉、豚肉には、 ヘム鉄 非ヘム鉄 が多く含まれる。
3. ほうれん草には、 ヘム鉄 非ヘム鉄 が多く含まれる。
4. 海藻には、 ヘム鉄 非ヘム鉄 が多く含まれる。
5. ヘム鉄 非ヘム鉄 は、もう一方の選択肢よりも、腸管での吸収率が高い。
6. ヘム鉄 非ヘム鉄 は、もう一方の選択肢よりも、腸管での吸収率が低い。