POINT!
04423.jpg

鉄欠乏性貧血では、鉄(貯蔵鉄と血清鉄)不足によりヘムの生成が低下し、ヘモグロビン生成が低下し、貧血になります。

鉄欠乏性貧血の赤血球は、小球性低色素性です。

鉄欠乏性貧血では、貯蔵鉄(フェリチン)と血清鉄の減少が、主たる病態です。これらの変化は、青い矢印で図示してあります。総鉄結合能(トランスフェリンの量)は増大します。

出血による貧血は、再利用できる鉄が減少するため、鉄欠乏性貧血です。

Challenge Quiz

1. 鉄欠乏性貧血の主な病因は、 鉄不足 デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)の欠損、機能低下 トランスフェリンの欠損 トランスフェリンの減少 グロビン遺伝子欠損 赤血球に対する自己抗体 全能性幹細胞の分裂・分化能の低下 ビタミンB12、葉酸の欠乏 である。
2. 鉄欠乏性貧血では、鉄不足により ヘム グロビン の生成が低下し、ヘモグロビン生成が低下する。
3. 鉄欠乏性貧血の赤血球は、 大球性 正球性 小球性 正色素性 低色素性 である。
4. 出血は、 自己免疫性溶血性貧血 再生不良性貧血 巨赤芽球性貧血 サラセミア 鉄芽球性貧血 慢性疾患にともなう貧血 鉄欠乏性貧血 無トランスフェリン血症 をもたらす。
5. 鉄欠乏性貧血では、血清フェリチンが 減少 増大 する。