POINT!

動画と音声での説明

Ketonebody synthesis.jpg


上図では、青は低下・減少、赤は亢進・上昇を示しています。

最初の病態として細胞内のブドウ糖が減少します。 そのため解糖系で生成される細胞内のATP、ピルビン酸、水素原子が減少します。 ミトコンドリア内のピルビン酸も減少します。 ピルビン酸から生成する、二酸化炭素、水素原子も減少します。 ピルビン酸が減少するため、ピルビン酸から生成するオキザロ酢酸も減少します。 オキザロ酢酸が減少すると、クレブス回路も低下し、クレブス回路から生成するATP、水素原子、二酸化炭素も減少します。 結局、当然のことながら、ブドウ糖由来の水素原子は電子伝達系には届きません。 そのため、β酸化が亢進し、水素原子を供給します。 しかしながら、β酸化で生成するアセチルCoAは、クレブス回路が低下しているため増加します。 増加したアセチルCoAから変化して蓄積するのがケトン体です。

Challenge Quiz

1. 細胞内のブドウ糖が不足すると、  ブドウ糖 脂肪酸 の代謝が主たるエネルギー代謝となる。
2. 細胞内のブドウ糖が不足すると、 解糖系 クエン酸(クレブス、TCA)回路 電子伝達系(ならびに共役したATP合成酵素) β-酸化 が低下する。
3. 細胞内の糖が不足したために脂肪酸の代謝が亢進すると、 乳酸 ケトン体 が蓄積する。
4. 糖尿病では、 ブドウ糖 脂肪酸 の代謝が主たるエネルギー代謝となる。
5. 飢餓状態では、 ブドウ糖 脂肪酸 の代謝が主たるエネルギー代謝となる。
6. 糖尿病では細胞内と血中の 乳酸 ケトン体 減少 増大 する。 そのため、 アルカリ性 酸性 に傾く。
7. 絶食状態では細胞内と血中の 乳酸 ケトン体 減少 増大 する。