POINT!

動画と音声での説明

エネルギー代謝 全体像4.jpg


*電子伝達系は水素に酸素を結合(酸化)し、水(H2O)とします。 この時、H+(水素イオン、陽子、プロトン)がミトコンドリア内膜の内側から内膜の外側へ輸送されます。これにより、ミトコンドリア内膜の外が高濃度で内側が低濃度であるプロトンの濃度勾配が生じます。
*上記の12 molの水素原子(H) と3 molの酸素(O2)が電子伝達系で代謝されると、34 molのH+がミトコンドリア内膜の内側から内膜の外側へ輸送されます。

Challenge Quiz

1. 電子伝達系は、 嫌気的代謝 好気的代謝 の一部である。
2. 選択肢のうち、電子伝達系がより多く生成(産生)するのは、 水素原子 ATP H+(プロトン)の濃度勾配 である。
3. 電子伝達系は、O2を消費 する しない
4. 電子伝達系は、CO2を生成(産生) する しない
5. 電子伝達系は、水を生成(産生) する しない
6. 電子伝達系はミトコンドリアの 内膜の内側 内膜 内膜と外膜との間 外膜 にある。
7. 電子伝達系の作用により、ミトコンドリア内膜の内側のH+(プロトン)濃度は 上昇 低下 する。
8. 電子伝達系の作用により、ミトコンドリア内膜の外側のH+(プロトン)濃度は 上昇 低下 する。
9. 図の*印に適切なのは クエン酸(クレブス、TCA)回路 ATP合成酵素 β酸化 解糖 電子伝達系 である。
./images/300px-クイズ_電子伝達系.jpg