POINT!
Energy metabolism summary6.jpg


*電子伝達系により、H+(プロトン)がミトコンドリア内膜の内側から外側へ移動すると、ただちにATP合成酵素により外側から内側に移動します。このふたつは、共役(カップリング)していて、「酸化的リン酸化反応」と呼びます。大変効率の高いATP合成の仕組みです。

Challenge Quiz

1. 酸化的リン酸化反応を行っているのは クエン酸(クレブス、TCA)回路 解糖 電子伝達系 ATP合成酵素 である。
2. 図中、点線で囲まれているのは クエン酸(クレブス、TCA)回路 解糖 酸化的リン酸化反応 β酸化 基質レベルのリン酸化反応 である。
./images/300px-Oxidativephosphorylationquiz.jpg