POINT!
03869.jpg

肝臓は(2次止血を担っている)血液凝固因子であるフィブリノーゲンを生成しています。


03870.jpg

そのため、肝不全では低フィブリノーゲン血症となり、血液凝固能が低下し、出血傾向がもたらされます。

Challenge Quiz

1. 肝不全患者では、血液凝固能が 低下 亢進 する。
2. 肝不全患者では、出血傾向は特徴的で ある ない